QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 49人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2018年06月09日

ホースソルジャー

やることもないので、とりあえずまだ見てないホースソルジャーでも見に行くか~と
比較的消極的な姿勢で見に行きました。
といっても見たのも5/14とかなんですけどねwww

まあ、過去記事を見ても僕のこの映画に対する期待感がわかると思います。


以下、ネタバレを含む内容なんで例によって行間あけますねwwww























































まずに気になったのが、劇中ODA-595が派遣前に大尉が居ないから派遣されない云々と出てきますが、
劇中でも名前だけ出てきた実際に派遣されたODA-555は、デビット・ディアズ准尉が指揮官で
大尉が居なくても派遣されています。
初っ端から違和感を感じて嫌な予感しかしませんでしたwww

僕の知識では最初に入ったのはODA-555だったと記憶しているのですが
この辺は、僕は詳細を知りませんし同じ10月19日なんでどちらでも良いと思うのですが、
劇中の感じだとODA-555が後から派遣された感じでしたのでそこは違和感を感じますが・・・

そもそも12 Stlongというタイトルから「?」です。
いや、ODA-595にはCCTが二人随伴していたので実際は14 Stlongな訳です。
しかも、近接航空支援が重要な役割を果たしていたのに実際にそれに従事したCCTの存在を消し去るのはどうかと・・・

バイパー33の画像。
ホースソルジャーの本自体が部屋で行方不明なので未確認ですが、
バイパーXXってチームでしたよね??


この映画で良かった点として上げるのは・・・
随所に出てくるMH60やMH47ですね。
これ、実機ですね・・・今まで他の映画ではなかなか出てこ無かった実機ですよ!
BHD以来じゃないですかね?

この辺、ジェリー・ブラッカイマーの軍へのコネクションの強さを感じます。
ちなみに前回の記事で
”正直、12 STRONGを見るよりも、
ブラッカイマーの自主規制(何かは秘密です)でも流したほうがいいわ。”

と書いてますが、これはProfiles From The Front Lineのことを指しています。
youtubeで見たことがある方も居るかもしれませんが・・・

このシリーズでも見てたほうがためになる気がする・・・

あと、ニューメキシコの自然の素晴らしさ・・・
これに尽きますね


え?もっと他に言うことはないのか?って
だって、航空支援でドカドカ・・・また、航空支援でドカドカってなんか単調なんだもん・・・
騎馬突撃とか・・・もうええて・・・
映像の見栄えがいいだけに惜しい感じ。

アニソン。
馬・・・馬がメイン・・・馬がメイン・・・・
これしかない!

<
/span>  
Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 22:24Comments(0)映画