QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 48人

2012年12月30日

416の

俺もビックウェーブに乗ってHK416D買ってやったぜ!!

マガジンだけだけどなっ!!!


いや、まあ・・・そのなんですか。
やっぱ1stロットは鬼門かな?というのがあったりw
でも、今回は特に問題ないみたいですね~

僕にとってやっぱH&Kのマガジンはある種の念願だったんですよw
確か2002年からでしたっけ?
陸軍特殊部隊が通常のSTANAG マガジンに代わり一部導入を決めたのは・・・
それまで、バネのヘタりや、落として歪むなど装弾不良の原因のひとつになっていた
STANAGマガジンだったんですが、SA80の改修に伴いマガジンも
強固なスチールに変更し形状変更をしたのがH&Kのマガジンなんですが、その後
マグプルのPMAG等の製品群が広まるまで米軍の多くの戦闘部隊に支給されます。
海兵隊隊員としてイラクに従軍した越前谷氏も、一本だけ支給されたと確か書いてましたね。


そういえば、うちにはVFCのが一本だけあったえ比較してみる。
やっぱ質感とか刻印はVFCの方が上ですね・・・


マガジンの色も、僕のイメージはVFCのように真っ黒なんでマルイは塗り直しせばいいかな?
それともAFとAKで違うんですかね?


マガジン下部を見ると、厚み、刻印ともやはりVFCに分がある。
まあ、形状は良いんですがマガジンとしては、ダメだったり・・・

ウチの個体が悪いだけかもしれませんがマガジンの外装と中身を固定する爪が弱く
よくすっぽ抜けます・・・これでは、どうしようもない・・・
まあ、マルイのノマグ入れておけよと言われればそれまでですが
流石にVFCのマガジンをそんなに揃えられませんw
マルイのも4-5本欲しいところですが既に大量にあるSTANAG マガジンを減らさないと・・・

アニソン。
年の瀬ですよ。。。本年中の到着が間に合わなかったアイテムが大量にあったりw
年末の大掃除全然おわりませんwww

年末ネタのアニメか・・・う~ん・・・

君に届けの一期、映画もか・・・が年末でクライマックスでしたっけ?
以前、EDは使っちゃったのでOPで・・・主題歌的には全然こっちなんだけどなあ。





  
タグ :SEAL416DEVGRUHk

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 10:34Comments(0)雑記

2012年12月29日

Black-Pirates


買い物ブログは、買い物をしないと更新できません。
まあ、買い物しても物が届かないんで仕方ありませんwww

さて・・・DEVGRU装備も絞っていかないと膨大な装備量になってしまいます。
今日は、先日届いたレプリカでも・・・

パッチとキャップを入れましたが、1セット余ってたんでヤフオクに放出。
実画像の汗シミと汚れにハアハア・・・

ここまで使い込んだらさすがの僕でも普段は使えません・・・
キャップは向こうも拘ったみたいで・・・・です。

しかし、キャップもチームによって違う上にビーニーやバイザーまであるんで、
さすがになんでもはやれねえな・・・でもレッドチームのビーニーはマジで欲しい・・・
最近、AOR-2のゴールドチームのキャップも見るたびに・・・とw
意思の弱さに愕然とするwww

しかしブラックのパッチもODやAOR-1のも欲しい・・・
結局絞ってもきりが無いじゃんww

アニソン。
やっぱパイレーツっていったら今年は・・・前になんかの時はOPだったんでEDでw

  
タグ :SEALDEVGRUAOR

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 00:32Comments(0)海豹

2012年12月22日

416

マルイの416の発売が間もなくだというのに・・・
VFCの電動ですwwwwwww

いや、前から持っているのですがDEVGRU装備の時はだいたいGG&GのフォアアームのCQBRなんで・・・
(というか組み直すの面倒なだけですねwww
そうそうZD30でもM4持っている隊員いますね。

実際にも416とM4の両方が共存してたのかな・・・
時期、派遣場所にもよるのかもしれませんが、他の隊員がHK416なのにM4を持っている隊員がいるのは
実際にモデルになる隊員がいたからだと思います。。。

というわけで、うちの416。。。
参考にしたのはこれですが・・・・


組んだあとに写真を見ると、なんだこの似て非なるもの感www
オプティクス、NF1-4x24 NXSは仕方がないとして記号的には近いけど別物過ぎてwww

ナイツ製と思われるエクステンションマウントやスコープマウントがなかなか無いので
ARMSのSWANとワンピースマウントで代用せざる得ない・・・DEのマウントとか意外とないもんですねー
エクステンションマウントもいいのがなかなかないね・・・ナイツのレプ位かな?でもBUISが付いてるんですよね。
一瞬切断すればいいかな?とも思いましたがそこまでするのもなんなんでwww
サプレッサーもうちにDEのが無いのでBE Meyersで妥協w

あー次世代欲しい・・・


アニソン
昨日は冬至でしたね・・・冬至でアニメネタを引っ張ってこれたら凄くね?



ねえよwwwwww
というわけでなんにしようかな・・・


お前の根性ババ色や
なんとなくDEともかぶってるしこれでいいやwww
  
タグ :SEALDEVGRUHK416

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 09:22Comments(2)装備

2012年12月20日

LBXの・・・

ついに・・・DEVGRUがパキスタン潜入で使っていた装備を入手!
この作戦の為に各種装備が用意されたようですね・・・





















ゲームの中の話だけどなっ!!

さて・・・以前の記事でも取り上げていますが・・・
パキスタン潜入装備です・・・いや、やっぱ服がないと盛り上がりにかけますね。
そういえば、うちには似たようなのが・・・結構デザート仕様のLBXという感じですがw


さて・・・LBXの製造は住所的にもLBTが担当しているのかと思っていたのですが
価格的にもLBTよりもだいぶ安いので大丈夫か?と思っていたのですが、
蓋を開けてみるとペルーのBINTER DEFENSEという
聞いたこともないメーカーにOEM生産という感じですね。

そのままググるとLBX関連で公式っぽいのが出てきますが何もないですw

はっ!!これはペーパーカンパニーだ!!!
秘密作戦用の足のつかないリグをペルーで作ってるんだな!!!
(中二病発病中


冗談はそれくらいにしておいて過去にもLBTは別ブランドで中国での生産を試みてますね。
(今思えばレアな1961だったな・・・
中国よりは南米での生産の方が聞こえはいいですしね・・・
EAGLEだってドミニカで生産してますし。
来年以降のLBTの新ブランドとかって可能性もなきしもあらずという感じですかね?(期待

肝心な物はというと、縫製は「予想通り」LBTよりも綺麗ですw

まあ、コスト面からかLBT程ステッチがすごくありませんが実用上問題ないでしょう。

プレキャリの裏地も本家であれば表と同じ生地を使っていますが、
単色のタン系の生地が使われています。徹底したコストカットですね・・・



1961の方に目を移してみると個人的に不評なバックルが無い
旧来のLBT-1961Aのようで好感を持っていたんですが、不満を上げると
ラジオポーチにエラスティックがないのが嫌ですね。深めなのですっぽ抜けないとは思いますが
万が一を考えるとエラスティックで保持されていたほうが確実ですから。

レイアウト的にはLBT-1961と遜色ないですが、なんやかんやで細かい部分が省略されているので
そのへんは好みの問題ですね。
正直ゲーム用と割り切れば良質だとおもいます。

あとは、TF MAKOがイチイチ気になるwww
LBXは仕方ないと思いますがMAKOはイラン・・・

アニソン

MAKO・・・
マコちゃんでググってみる・・・みなみけの世なんですねw
僕の中だと、セーラームーンとかさすがの猿飛がでてきたんですが・・・


ああ・・・土曜日、Vショーで東京でお泊りだったんですが・・・
「静岡マジ孤島!!」
と思いました。まあ、地上波なんて飾りです・・・(負け惜しみ
  
タグ :SEALMOHLBX

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 06:30Comments(8)雑記

2012年12月18日

Vショーお疲れッした

Vショーご来場の皆様お疲れ様でした。

久々のVショー出店でしたが、例のよって余剰品の放出をしてきました。
知り合いの業者さん達やスタッフさんに土曜日の話を聞いたりして、
日曜日は微妙なのかな?と思っていましたがなんのことはなく、僕的には大満足でしたwww

サムズさんに計らいも頂きまして悠々自適に出店もできましたし、
これまで参加してきたVショーはお客さんの密度的にこちらもテンパることもあったので
まったりできて良かったです。

売上も大事ですが、やり取りとかができなかったり、自分が見て回れないのも勿体ないのでw
今回のブースの様子は蚊と小判さんの撮った画像をパクってきたw



アニソン。
Vショーの前夜、忘年会をやったんですがそこに最終巻を手にした某氏が・・・
僕は、最終巻であることも知らず、ぐぬぬぬと唸っておりましたw

月曜日になって、すっかり忘れてましたが、なんか本屋に行かないといけない気がして
新書のとこをウロウロしていたえようやく思い出す(酷
というわけで・・・


14巻が出たときには、これじゃない感が・・・みたいに書きましたが
最終巻は、こみ上げてくるものが・・・
しかし、街と雪と装甲車両の組み合わせは格好いいですよね・・・
ヲタ向きの題材だとパトレイバー2しかり、ケルベロス騒乱しかり・・・
どっちも押井守じゃねえかwww

最終話は蛇足にも思えましたが、物語には救いが必要ですしね・・・
10年か~長かったですが、完結は嬉しくも惜しくもありますね・・・
  

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 00:59Comments(0)雑記

2012年12月13日

BAEエクリプス RBAV-SF

BAE RBAV SF
今日は、SEAL放出のBAEエクリプスのRBAV-SFです。
SEALで・・・となるとこの隊員しか出てきませんw

過去に放出されてきているので使っていたんでしょうけど
やはり、6094に脇に追いやられて地味な印象です。

実際に手にしてみるとCIRASよりも大分軽量、コンパクトな印象です。
素材は500Dですから当然なのですが。


イーグルでCIRASを設計した人がBAEで作り直したのがRBAV-SFですね。
本来比較すべきはMC-CIRASなんでしょうが、SEAL装備を集めている僕が持っているはずもなくw
2008年製造モデルなんで古い作りなんでしょうけど。コントラクトは08年の戦時予算ですね。


個人的には不要だと思っていたM4ポケットですが

これも、サイドプレートポケットを兼ねているので無しじゃない感じ
改良型と言っても良いと思うRBAV-AFのような味気ない作りじゃない分好印象。
実用性という意味ではRBAV-AFで充分ですが。


CIRASと大きく変更されている部分としてリリースの進化ですね。
CIRASが一点での固定だったのに対しパラクのRAVに近い印象です。



どっちがいいのかは一長一短な気もしますが、設計者がRAVのリリース方式の方が優れていると
認めたのならそれが正しいと思いますw

アニソン
エクリプス・・・イクリプス・・・


見たことないけどなwwww

  
タグ :SEAL海豹MLCS

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 08:30Comments(0)海豹

2012年12月12日

ローンサバイバー 4

ローンサバイバーを予習してみる。
第4回コールサインを読み解いてみる。

シムニッションすげえwww
当時のアフガン派遣のNSWTUコールパッチは、最高位のクリステンセン少佐=T31
TがHQ要員だと思われます。と言っても少佐以外にTのコールサインパッチがいないのですが
一桁目が小隊、二桁目以降が個人番号となりますね。

同時期とまで行きませんが07年のイラク派遣のST10がAだったので
元ST2の某インストラクター息子さんはA小隊だったのかも?
担当士官だったと思われるJason Redman大尉はA02でした。

担当士官でも、01ではないんですかね?
ちなみにJason Redman大尉は07年の戦闘で負傷しています・・・
詳しくはググって見てください。。。

McGreevy大尉の場合E01(エコー小隊の担当士官)以下~となっていくんだと思います。となると
西海岸にいる某インストラクターはMcGreevy大尉の小隊の所属ということになります。
TU全ての隊員が通し番号である可能性も無くはないと思いますが。サンプル数が足りないので・・・

SDVT-1、2からSR班として派遣されていた隊員たちはVが頭文字に当てられています。
V自体に意味は無いと思いますが、ヴィーグルのV?これも整理すると。

画像から判別するとアクセルソン=V21、パットン=V23、スー=V14。
この番号も特に意味はないようです。SR班の記念撮影写真を見ればわかりますが
10人の隊員で構成されていたようなので順番ではありませんね。
三人ともPO2なので階級順ってこともなさそうです。

しかし・・・やっぱコールサインは難しいw
むしろあんまり難しく考えないほうが正解なのかも。

アニソン。
サバイバルとかがあんま出てこないならローンの方でいいじゃんwww
脳内検索でトップに出てきたのが・・・・

いや。。。意味ちゃうやん・・・
第一回の時のローンサバイバーに戻っただけじゃん・・・
おそまつッ!!(シメた
  

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 20:20Comments(0)映画

2012年12月11日

ローンサバイバー 3

ローンサバイバーを予習してみる?

ST10のメンバーについても書いてみようと思います。


左から、Mike McGreevy、Jeffrey Taylor、Erik Kristensen、Jacques Fontan、Jeffrey Lucas。
彼らはMichael P. Murphy大尉からの救出要請で、出撃し、前日SPARTAN01を
降ろした地点に向かったところRPGによる攻撃を受け撃墜される。
ST10のこの小隊は、戦死した隊員を見る限りST8から抽出された隊員のようだ。

クリステンセン少佐はトップ画像にも写っているUDT/SEAL協会の会報には
NSWTUの指揮官とありました。
NSWTUは中佐が指揮しSEAL二個小隊、HQ要員、EOD、コンバットコントローラーなどで
構成されます。ST10の指揮官の代理でTUの指揮官であったのというのも納得できます。

次位の戦死者、Mike McGreevy大尉はE小隊の指揮官とあるので、
E、F小隊(ラトレルの著書に記述がある)の二個小隊がバグラムにいたのだと思われます。
ただ、集合写真には34名(SDVT-1、2のSR班が10名、ST10の小隊が最大で16名、HQ要員、
EOD(少なくとも1名を確認。)と考えるとEかFのどちらかの小隊だった可能性が高いと思います。

多くの隊員がLBT-1961Aのデザートタンを着ている画像が残っていますが。
前にも書きましたがQRFとして戦闘を前提に出撃しているはずなので、
やはりPACAやMAR-CIRAS、MBSSなどのアーマー、プレキャリに
MICHヘルメットというのが妥当な装備だと思います。

当時、私の目を引いたのはJeff Lucasの装備でした。
彼のMBSS L/XLにM60ポーチを胸に二個つけるというレイアウトは珍しく。
また、彼がスナイパーであった点を勘案すると合点がいかない組み合わせだった為
違和感を感じました。そして、現在では珍しくないのですが、BHIのMOLLEベルトも当時のSEALでは
珍しい装備で驚きました。そして、なにより彼の装備だけは
いまだに元ネタとなった画像がわからないんです・・・

ST10の画像で少し前に気付いた小ネタをひとつ。
母の日の記念撮影の画像ですが。

McGreevy大尉の隣の隊員に注目。

「ST8やんwww」
いや、ST8から転属してきたとか?なんらかの事情で派遣されてきていたでしょうけどw

アニソン。
意外とサバイバーとサバイバルって歌詞に入ってるとかタイトルにあるのが
思いつかない・・・
  
タグ :SEAL海豹MOH

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 00:59Comments(0)映画

2012年12月08日

ローンサバイバー 2




今回は、人によっては胸糞悪い書き方になっている部分もあります。
胸糞悪くなりたくない方は戻るをクリックしてお戻りください。


実際の隊員サイドで書いてみる。(敬称略で書いてます。)

左から、Matt Axelson、Daniel R. Healy、James E. Suh、
Marcus Luttrell、Shane E. Patton、Michael P. Murphy、SDVT-1 A小隊の面々。
この記念撮影の時期は、6月18日と思われます。この画像をパッチ化したものは有名ですね。
※SDVTとST10の隊員による集合写真のうちに日付が入っているものが一枚だけあります。

劇中、偵察チームの上着がWLなのはマーカス・ラトレル著書でも記述があり、
着陸地点はかなりグリーンが多く、樹木の多いエリアで砂漠用のズボンと深いグリーンの上衣を着たとあります。
しかし、タリバン側の撮影した動画では他の隊員は上下WLのように見えます。

ちなみに、彼らのWLの上着のカスタムは個人的な認識では主に東海岸側から放出されるタイプで、
実際ST10の隊員が来ているのも確認されています。僕のは多分もっと後から作られたものだと思います。
目的はよくわかりませんが、このタイプも需要があったようです。
蛇足ですが、DCU、カーキもあります。



寧ろラトレルがそういう組み合わせだったという風に考えた方がいいかもしれません。
動画では二人の隊員が確認できます。最初がMichael P. Murphy、後から撮影されるのはDanny Dietzだと思われます。
しかし、ニコ動のコメントを入れている人間の適当さにビックリする・・・

鹵獲した装備を広げるタリバン。

GPS(RINOと76S)、レンジファインダー、PVS-15、ペンフレアー、翻訳機、コンパス、40mm、
スタイナーM22、サーマルのポケットサイト、タフブック、MS2000、ペリカンのケースらしきものも見える。
ラトレルによると、携帯電話でバグラムと連絡をつけたとありますが、確かに小型の携帯らしきものも写っています。
ラトレルは、装備の重量を45ポンド≒20kgの装備と書いていましたが重量の大部分は情報収集用の装備だったと思われます。
スポッティングスコープは日本製のKOWAのものも使われているようですが、この時のは不明。
ラトレルはIZLID(和訳版ではISLIDになっています。)も持っていたようです。IZLID以外に該当する装備が思いつかないw

鹵獲されたMBITRにはキーフィルアダプターが付いている。

この点は、Dietzはラジオマンだったので、もしかするとハンドセットをつけていたのかもしれないです。
この作戦以前の画像では、DietzはTEAのスイマー、インビジオといずれもマリタイム対応のヘッドセットを使っていますし、
鹵獲品の中にマンパックラジオが無いことから、Dietzはラジオを二台運用していたと思われます。
ヘッドセットに関しては、ラトレルの記述でイヤホンマイクが千切たとあるとおり、TEAの10PINのインビジオだと思います。
同様にインビジオが切れているPTTを遺体から回収しています。


映っているのは、PROTECが4個。NVGマウントは、WILCOXのとNOROTOSの3ホール。

一つ単眼のPVS-18がついているようにも見えますが、PVS-15の片眼が落下の際にもげた可能性も・・・
一個だけ、TC-2000かもしれません。もしくはプロテックに3Cのヘルメットカバーをかぶせているのかもしれませんが・・・

アーマーなど重い装備は置いていったとあるので、全員がRRVだったと思います。
(ラトレルの著書ではHギアと書かれています。実際ラトレルに関しては集合写真では
MLCSのHハーネスを着ていることもあるのですが、後日なにかのイベントでRRVを手にしているので
恐らく全員がRRVだと思います。それにRRVもHにできますしね・・・)

鹵獲された二丁のM4、ACOGにドクターサイトが載っているのがDietzので、

載っていないのがMichael P. MurphyのM4だと思われる。

MK12は鹵獲されていないのと、Matt Axelsonへの遺体への破壊行為が行われていないのを考えると、
タリバン側は、Matt Axelsonの遺体を確認してないのかもしれません。

FACEBOOKで実際の隊員たちが戦った谷が画像がありましたが・・・
そりゃあ、降りるよりも落ちるが正しいわ・・・とw

Requiescat in Pace SPARTAN01!

アニソン。
サバイバー続きで・・・なんでこっちが先に出てこなかったのか・・・


  

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 01:41Comments(0)海豹

2012年12月06日

ローンサバイバー

当ブログはSEALヲタの僕が
妄想と独自の見解で適当に書いているブログです。
好き勝手書いていますし、僕基準で重箱の隅を突っついたりするので
ソースとして人に話すのは勿論、「ププッwwwシッタカ乙」と言われても
一切の責任を負いません。

え?なんでイキナリそんなん言い始めたの?って
いや、ちょうど先日でこのブログを初めて三年を迎えたんでw
なんとなく、そんなん書いてみました。

さて、今日はミリブロのニュースでも紹介されていたローンサバイバーです。
はい、既に時機を失した感もありますがw書きかけた以上消化したいのでwww
今、初めてカタカナで書いたのを読んだんですが
「住宅ローン地獄に明け暮れて必死に返済するお父さんを克明に描いた作品」
ってな感じな印象ですね。あ・・・僕だけですか?

閑話休題。(使ってみたかっただけ
実際に作戦に参加した隊員であるマーカス・ラトレル著というのは、
このブログを読みに来るような人ならご存知のことだと思います。
恐らく、1/5位の人は実際に手にとって読んでますよね?w
読んでないかたは、訳の間違いや適切でない訳もありますが、ご一読をw
そういえば、読み直すまでわからなかったのですが、ラトレルの狙撃の教官はブランドン・ウェブだったんですね・・・

一度整理するためにも書いてみます。
Mike Murphy=Taylor Kitsch
Marcus Luttrell=Mark Wahlberg
Erik Kristensen=Eric Bana
Matt Axelson=Ben Foster
Danny Dietz=Emile Hirsch

詳しくはIMDbでも見てくださいw
http://www.imdb.com/title/tt1091191/fullcredits#cast

重箱の隅を突っつくブログとしては矢張りやらないといけないのが装備について。
どこから手をつけたらいいものか・・・

エリック・バナ演じるクリステンセン少佐から。
少佐はST10の指揮官代理で本来、バグラム空軍基地で指揮を取るべき立場でしたがQRFに参加。

エリック・バナは格好いいっすね・・・
しかし、胸のアドミンがMSAPだったり謎もw
ヘッドセットは確かに本人が使っていたのと同じ丸形PTTに見えますが・・・TEAのなのかな?
ラジオポーチは・・・わからないwww
実際のクリステンセン少佐の装備は・・・MBSSのL/XLに1961もしくはMAR-CIRASですね。
QRFならば戦闘するのを前提としてローデシアんではなく
少なくともアーマーは着用していたと思うのですが・・・・

同じ画像に写っているダニー・ディーツ役を演じるのは、エミール・ハーシュ。
特徴的な三連の40mmを再現しているのですが、他はイマイチですね・・・
というかポーチの色が一部コヨーテっぽいのには興ざめです。
フラググレネードも、バイアスありってのは・・・SOGのナイフやホルスター位はどうにかして欲しいw


本来、偵察チームのメンバーだったんですがディーツと交代したパットン役のAlexander Ludwig
ST10隊員と一緒にQRFに参加し・・・

アライドのアドミンが手に入らなかった頃、DBTのアドミンで代用していた僕が言うのもなんですが
無いわww
一応、TEAのマリタイムを再現しているみたいですね・・・コードからしてインビジオも再現?

ただ、どの隊員もですが二点残念なことにNVGマウントとBDUの仕様が・・・
WILCOXは兎も角ノロトスはレプリカもあるんだからそれで良いじゃん。
メットもQRFのST10はMICHでいいと思いますが
偵察チームは、タリバン側が回収した装備を見た通りプロテックです・・・
BDUもオーソドックスなSEALのカスタムBDUとは異なる仕様です。
その点に関しては色々な隊員がいた時期なのでそれも悪くないのですが使用感もない真っ新なのは・・・

画像は、ダン・ヒーリー役のDan Bilzerian
スリングはBHIのCQDスリングっぽいですね・・・RRVのアドミンを見るとEAGLEっぽい感じですね。
もう一方は不明ですwしかし、RRVばかり過ぎてなんだかな~と思っていたんですが
一応、他の装備のメンバーもいますw

PCUにSOEのフロッグ?の隊員はMK12 MOD1ですね!オプティクスが見えないのが残念ですがいい完成度ですw
左から二番目の隊員は、カラーバックルのLBT-1961っぽいです。。。エースウォーターか~ちょっと微妙w

ちなみに実際の当時のST10の隊員を見ると・・・

やっぱりこれじゃない感がwww

う~ん・・・近年の映画と比較するとBHD(近年でもない)やZD30と比べると
実際の兵士の情報が公開されすぎているし、既に装備の参考資料としても
研究され尽くされているので、その点を踏まえるとかなりの再現度でないと、
日本のマニアの方が(装備については)完成度が高いってことになりますwww
ZD30の時にも言えたことですが、もう少し考証がキッチリしてて欲しいですねw
まあ、この手の重箱を突っつくのは伝統ってことでwww
プラトーン()とか、スターリングラード()、プライベート・ライアン()とかやってたでしょうしねwww

アニソン。
ローンサバイバー・・・う~ん・・・
まずでてきたのがこれでしたwww

サバイバー違いってことでwww

  
タグ :SEAL海豹SDVT

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 06:30Comments(2)

2012年12月04日

告知

さて・・・そろそろ今年最後のVショーですよ。


今回、久々に僕らも参加します・・・
最近参加してなかったのでそろそろアイテム溜まってんじゃね?
と期待してる方もいるかもしれませんがいうほど溜まってませんwww

屋号はPersona non grata・・・MW3にそういう名前のステージがあるんですねwww
ぐぐるまで気づきませんでしたw
しかし、屋号が好ましからざる人物・・・歓迎されざる人物ってのは?

まあ、「逆に」ということでwwww

今回、日曜日だけの参加予定ですので
お間違えの無いようよろしくお願いしますw

場所は割と入口よりですね・・・


ご来場お待ちしておりますw


アニソン
ペルソナって言われると・・・やっぱりw

ゲームはやってないwww
  

Posted by グレート*クロサワ(Ret.) at 06:00Comments(0)雑記